よくあるご質問


受診に関するご質問

よくあるご質問1. 診察に予約は必要ですか?

よくあるご質問

予約してない方や体調の悪い方も随時受付けております。あまり待たないでリラックスして治療に臨んでいただけるように、予約制も導入しておりますので、お電話・WEBよりご予約ください。

close

よくあるご質問2. 初めて受診するのですが、用意するものはありますか?

よくあるご質問

初めての受診の際は必ず保険証をご持参ください。

close

よくあるご質問3. 健康保険は使えますか?

よくあるご質問

はい、使えます。なお、受診時に健康保険証をお忘れの場合は、一旦は実費にて徴収させて頂き、 後日保険証をお持ち下されば差額分をご返金致します

close

よくあるご質問4. 最寄駅を教えてください?

よくあるご質問5. 駐車場はありますか?

よくあるご質問6. 駐輪場はありますか?

よくあるご質問

クリニック脇にございます。

close

よくあるご質問7. 夜間、休日診療はしてもらえますか?

よくあるご質問

申し訳ありませんが、夜間、休日は対応できる態勢になっておりません。お住まいの地域の救急当番医に連絡の上、受診いただくようにお願いいたします。(救急当番医;さいたま市地域医療課が提供する「 さいたま市医療なび」参照)

close

よくあるご質問8. クレジットカードでの支払いはできますか?

よくあるご質問

保険診療・自費診療共にクレジットカードの取り扱いは現在ございません。

close

よくあるご質問9. クリニックではどのような検査が行えますか?

よくあるご質問

当院では採血・レントゲン検査・胃カメラ・大腸カメラ・腹部超音波検査・CT検査・骨密度(骨粗しょう症)検査などがございます。

close

よくあるご質問10. 採血はどのくらい後にわかりますか?

よくあるご質問

初一般的なものは「当日」1時間程度お待ちいただく事でお知らせできます。特殊な採血項目(腫瘍マーカーなど)に対しては、当日結果をお知らせできません。

close

よくあるご質問11.「一般的な採血」とはなんですか?

よくあるご質問

肝機能・腎機能・コレステロール・尿酸(痛風)・血糖・黄疸・貧血・炎症反応などです。そのほかの項目は外部委託になりますので5~7日ほどお時間をいただいております。

close

よくあるご質問12. 待ち時間は長いですか?

よくあるご質問

インターネットで予約ができる「予約システム」も導入しております。インターネットでの診察予約、診察の約1時間前に電話もしくはメールでお知らせする事も可能となっております。是非ご利用ください。

close

よくあるご質問13. 予約を変更したいのですが?

よくあるご質問

お電話をしていただき、予約変更可能です。048-711-4891

close

よくあるご質問14. 薬は院内処方ですか?

よくあるご質問

処方については、現在院外処方となっております。

close

よくあるご質問15. 事前に混み具合はわかりますか?

よくあるご質問

予約番号がありますので、ある程度の混雑状況は推察できます。携帯でも予約画面トップページにて確認できます。

close

よくあるご質問16. 車いすでも来院可能ですか?

よくあるご質問

当院はバリアフリー設計で、トイレにも手すりを設けるなどしておりますので、安心してご来院ください。

close

トップへ戻る

内科に関するご質問

よくあるご質問1. 血圧やコレステロールの薬は出せますか?

よくあるご質問

もちろんです。お気軽にご相談ください。

close

よくあるご質問2. 風邪をひいたのですが?

よくあるご質問

その方にあった処方もしくは点滴などで症状緩和に努めさせていただきます。

close

よくあるご質問3. 子供が風邪をひいたのですが、診てもらえますか?

よくあるご質問

中学生以降で対応させていただきます。ただし、必要に応じ迅速に近隣の小児科に紹介することもございますので、ご了承ください。

close

よくあるご質問4. 糖尿病の検査はその日に結果が出ますか?

よくあるご質問

血糖値、および過去1か月の血糖コントロール状態の指標となるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)も院内で測定しますので、当日採血後1時間程度で結果を説明いたします。日々の療養にお役立てください。

close

よくあるご質問5. インフルエンザ予防接種は行っていますか?

よくあるご質問

ワクチン接種も行っております。

close

よくあるご質問6. 予防注射はしていますか?

よくあるご質問

当院では各種予防接種を行っています。お気軽にお問い合わせください。

close

よくあるご質問7. 遠方の病院で定期的に注射による治療をしていますが、クリニックに依頼できますか?

よくあるご質問

薬剤の内容によりますが、基本的にはほとんど可能です。注射内容に関して、事前に紹介状を持参ください。

close

トップへ戻る

胃カメラに関するご質問

よくあるご質問1. 当日、胃カメラ検査はできますか?

よくあるご質問

胃カメラは基本的には予約制になっております。しかし、予約が空いている場合は可能です。一度電話連絡いただけると確実です。

close

よくあるご質問2. 胃カメラの予約はできますか?

よくあるご質問

胃カメラご希望の方は、直接クリニックまでお電話ください。インターネットでの予約はできません。

close

よくあるご質問3. 鼻からの内視鏡はできますか?

よくあるご質問

当院は経鼻内視鏡がございます。基本的には鼻からの内視鏡を行っております。

close

よくあるご質問4. 鼻からの内視鏡は画質が悪いと聞きますが?

よくあるご質問

前は経鼻内視鏡が発売された直後には経口内視鏡に比べ、暗さやCCDの関係で画質が劣るとの評価はありました。 しかし、発売から数年を経過した現在、内視鏡はより進化を遂げ、近接観察時にはハイビジョンに迫る画質を保有しております。 その為、安心して検査を実施して頂ければと思います。

close

よくあるご質問5. 内視鏡検査とバリウム検査の違いは何ですか?

よくあるご質問

バリウムは胃全体の病変の拡がりや硬化像を見る場合に有効であることがあります。一方内視鏡検査はほぼ盲点がなく検査でき、病理検査が同時に行えることが最大のメリットです。注)当院にはバリウム検査はありません。ご了承ください。

close

よくあるご質問6. 胃カメラはどのくらい時間がかかりますか?

よくあるご質問

通常、内視鏡を挿入されている時間は平均的には約5~10分程度です。

close

よくあるご質問7. 胃カメラの時にピロリ菌の検査もできますか?

よくあるご質問

ピロリ菌は胃カメラのときに同時に行えます。除菌療法も1週間内服していただくだけです。

close

よくあるご質問8. 抗凝固剤(血をサラサラにする薬)を服用中ですが、検査は可能でしょうか?

よくあるご質問

可能です。抗凝固剤を内服していると、生検(組織の一部を取って検査すること)やポリープ切除などを行うと、出血が止まらなくなることがあります。その際には服用を一定期間中止して行いますが、服用を中止することで起こる合併症もありますので、まずは服用を継続したまま観察のみの検査を行います。抗凝固剤を服用中の方は、必ず検査前にお申し出ください。

close

トップへ戻る

大腸カメラに関するご質問

よくあるご質問1. 大腸カメラはどのくらい時間がかかりますか?

よくあるご質問

腸の長さや癒着の有無で個人差がありますが、盲腸までの挿入、抜去・観察を含めて約15分程度かかるとみてください。検査までの待ち時間、鎮静剤使用後の休んで頂く時間、検査結果説明時間などを考慮すると、ある程度時間的に余裕をもって来ていただいた方がよいかと思います。また大腸ポリープを切除するともう少し時間がかかります。

close

よくあるご質問2. 内視鏡は麻酔してもらえますか?

よくあるご質問

当クリニックでは鎮静剤を使用し、できる限り「痛みない」大腸カメラを目指しております。鎮静剤は居眠り運転の原因になりますので車の運転はおやめください。

close

よくあるご質問3. 便潜血陽性を指摘されたのですが。痔だと思うので、大腸の精密検査は必要がない
   と思いますが。。。どうでしょうか?

よくあるご質問

痔の場合も便潜血陽性の原因の一つです。しかしその他に別のものが潜んでいる可能性もありますので、便潜血陽性の場合は、是非大腸カメラでの精密検査はしてください。

close

よくあるご質問4. ポリープ切除は痛くありませんか?

よくあるご質問

腸の内側(粘膜)には神経がありませんのでポリープを切除する時に痛みを感じることは通常ございません。

close

よくあるご質問5. 日帰り大腸手術を受ける前に気を付けることはありますか?

よくあるご質問

抗凝固剤(血をサラサラにする薬)を内服していたり、持病(脳神経疾患や糖尿病)が重度の方は、日帰り大腸手術は困難な事があります。院長によくご相談ください。

close

よくあるご質問6. 日帰り大腸カメラを受けた後に気を付けることはありますか?

よくあるご質問

おなかが張ってきますので、ガスをどんどん出してください。時間を追って楽になります。最初、水を少し飲み、気分が悪くならなければ食事しても構いません。
内、穿孔は7日以内に最も多いとされています。切除当日は自宅安静としてください。術後約1週間は消化の良い食事をしてください。刺激物、脂っこいもの、アルコール類は避け、またお風呂も約1週間は長風呂を避け、シャワー程度が無難です。出張・旅行などの遠出は控えて下さい。万一、血便・腹痛・発熱(37度台後半以上)などがみられたときは、当クリニックに連絡し院長の指示を受けて下さい。

close

よくあるご質問7. 大腸カメラの偶発症について詳しく聞きたいです?

よくあるご質問

組織検査のため一部をとって調べたり、ポリープの切除などの治療を行うことがありますが、ごくまれに出血や穿孔などの偶発症を起すことがあります。万が一偶発症が起きた場合、入院や緊急の処置・手術が必要になることがあります。なお、大腸内視鏡検査および治療に伴う偶発症発生頻度は全国集計(1998年から2002年の5年間)で0.069%(1449人に1名の割合)でした。
日本消化器内視鏡学会 下部消化管内視鏡検査と治療

close

トップへ戻る

内視鏡洗浄機に関するご質問

よくあるご質問1. 内視鏡の洗浄、消毒はどのようにしているのでしょうか?

よくあるご質問

様々な洗浄装置メーカーがある中、内視鏡メーカーが販売している洗浄消毒装置であり、各試験をパスしている安全な消毒装置になります。使用する薬剤も消化器内視鏡の感染制御に関するマルチソサエティ実践ガイド【日本環境感染学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化器内視鏡技師会】で認められている薬剤で、特に強力な消毒効果が得られる過酢酸消毒液(アセサイド)を使用しておりますので安心して検査を受けてください。また、取扱に関しても専門のスタッフが管理を行い対応しております。

close

CTに関するご質問

よくあるご質問1. 当日CT検査はできますか?

よくあるご質問

可能です。ただし腹部CT検査に限っては、食事を摂られていますと撮影ができない場合がございます。まずはお電話等でご相談ください。

close

よくあるご質問2. 最近CTを撮りましたが、影響はありますか?

よくあるご質問

1回の検査による医療被曝は極めて少ないので、一年間に数回受けても問題ありませんのでご安心ください。

close

よくあるご質問3. MRIはありますか?

よくあるご質問

当院ではMRIはございません。連携している病院に依頼し検査予約を取ることも可能ですので、一度受診ください。

close

トップへ戻る

肝臓・胆のう・膵臓内科に関するご質問

よくあるご質問1. C型肝炎の治療について

よくあるご質問

C型肝炎の種類にもよりますが、現在内服薬のみで治癒することが可能になりました。また副作用もほとんどなく以前の治療よりとても楽になっております。少し前より楽に治療ができます。一度ご相談ください。

close

よくあるご質問2. B型肝炎の治療もしていますか?

よくあるご質問

しています。当院は核酸アナログ製剤の治療も行っております。

close

よくあるご質問3. 脂肪肝と言われたのですが?

よくあるご質問

健診での腹部超音波検査で脂肪肝といわれる方は多いと思います。脂肪肝の多くはメタボリックシンドロームを合併しており、これが慢性化することでやがて肝炎を引き起こし、肝硬変にまで進行することがあります。特にアルコールではなく過食が原因の肝障害、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)が注目されています。脂肪肝を指摘され、さらには肝機能障害もあった場合は、一度クリニックに来院し、定期的なチェックをすることをお勧めいたします。

close

よくあるご質問4. 肝嚢胞と言われたのですが?

よくあるご質問

肝嚢胞は肝臓の占拠性病変で最も多い病気で、基本的には良性疾患です。大半は定期的な画像検査を行う程度でよいのですが、まれに大きくなるものや悪性に変化していくものもあります。一度受診してください。

close

よくあるご質問5. 健診で肝血管腫と言われたのですが?

よくあるご質問

肝血管腫は良性腫瘍です。しかし健診で肝血管腫と言われても、一度受診してください。その腫瘍が、肝血管腫なのか肝癌のような悪性腫瘍なのかを鑑別しなければいけません。また定期的な画像検査をし、肝血管腫が大きくなっていないか経過をみていく必要があります。

close

よくあるご質問6. 胆石と言われたのですが?

よくあるご質問

胆石は定期的な画像検査を勧めます。

close

よくあるご質問7. 胆のう腺筋腫症で精密検査が必要と結果がでました。検査はいつ受ければよいのでしょう?

よくあるご質問

胆のう腺筋腫症とは、胆のう炎や何らかの原因で胆のう内圧が上昇した状態により、胆のう壁が肥厚したものです。胆のう壁に石ができたりすることがありますが、ほとんどの場合、症状はありません。ただし胆のう癌・腺腫との鑑別が必要になりますので、3~6ヶ月後に再検査や精密検査を受け、その後変化がなければ、年1回の定期検査でよいでしょう。

close

よくあるご質問8. 膵臓に「のう胞」があると言われたのですが?

よくあるご質問

膵のう胞は定期的に画像でのフォローをすべきです。膵臓ののう胞は粘液を産生する膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)という病気があります。これは膵癌のリスクファクターとなります。膵嚢胞患者の膵癌発生リスクは一般人口の22.5倍であることが報告されてもいます。また、IPMNでない膵嚢胞についても膵癌の高リスク群として慎重な経過観察が必要と膵臓学会より報告されております。( http://www.suizou.org/pdf/cq01.pdf )
健診のエコーなどで指摘のあった場合は、当クリニックでのフォローをお勧めいたします。

close

よくあるご質問9. 慢性膵炎と言われたのですが?

よくあるご質問

慢性膵炎は膵臓の炎症を繰り返しおこします。なってしまうと一生付き合う病気です。膵癌の発生も通常の方よりリスクが高いため、定期的な検査と治療をきちんと受ける事が大切です。一度受診してください。

close

トップへ戻る

健診、人間ドックに関するご質問

【 健診前 】

よくあるご質問1. 特定健康診査(後期高齢者健康診査、国保健康診査など)は受けた方がいいのでしょうか。

よくあるご質問

まず、健診(ドック以外)は無料ですので、年に1回のご本人の健康のチェックとしてぜひご利用ください。

close

よくあるご質問2. 市の健診に関して、がん検診など何を受けていいのかわかりません。

よくあるご質問

わからない場合、無料相談を行っております。

close

よくあるご質問3. 無料相談はいつしているのでしょうか。

よくあるご質問

無料相談は予約制で、平日(月・火・木・金)の12:30、16:30、17:00の1日3回(約10分程度)行っております。お気軽にご相談下さい。

close

よくあるご質問4. 検便が出にくいのですがどのくらい前のものでいいのでしょうか。

よくあるご質問

採便日が検査当日を含め4日以内で構いません。その場合は採取後冷暗所で保存するようにしてください。できる限り2日分がいいですが、1日分のみでも検査は可能です。

close

よくあるご質問5. なぜ、検便は2日法(2回提出)でなんですか。

よくあるご質問

便を1回だけの場合と2回とった場合では、2日法の方がより「がん」の陽性率が高いためです。

close

よくあるご質問6. 生理になった場合、検査は可能ですか?

よくあるご質問

当クリニックでは尿・便に限り受けられません。それ以外は検査可能です。また、健診当日でも日程変更を承っていますので、ご連絡ください。

close

よくあるご質問7. 風邪をひいているのですが。

よくあるご質問

受診はしない方がよろしいかと思います。体調不良や風邪薬の影響が検査に出る可能性があります。その際はご連絡いただき日程変更してください。

close

よくあるご質問8. 受診に際して注意することはありますか。

よくあるご質問

①受診券、保険証は必ず持参ください。
②前年度の健診結果をお持ちの方は持参ください。
③食事;午前検査の方は前日午後9時頃までに夕食を済ませ、当日の朝食はとらないようにしてください。また、午後検査の方は朝食を9時頃までに済ませ、昼食はとらないようにしてください。

close

よくあるご質問9. 予約せずに当日行って検査はしてもらえますか。

よくあるご質問

内視鏡検査以外は原則可能です。しかし、通常の外来をしておりますので、長い時間お待ちいただく事がございます。可能であれば、予約していただく方が確実です。一度電話をしていただき混雑状況を聞いてください。

close

【 検査について 】

よくあるご質問1. 追加検査を当日申し込みはできますか。

よくあるご質問

当日追加も承っておりますが、内視鏡検査のみ完全予約制となっております。ご了承ください。

close

よくあるご質問2. 当日、オプションを追加したいのですが。

よくあるご質問

オプションに関しても、内視鏡検査以外は当日追加可能です。ご自身の気になる検査を追加ください。

close

よくあるご質問3. 採血で「がん」は調べられますか。

よくあるご質問

オプションに「腫瘍マーカー」検査があります。腫瘍マーカーは、悪性腫瘍で高値を示しますが、良性疾患でも高値を示す場合があります。しかし、がんの中には腫瘍マーカーが上がらないものもあります。一つの指標としてお役立てください。

close

よくあるご質問4. 胃部X線検査(胃バリウム検査)はありますか。

よくあるご質問

当クリニックは、バリウム検査はなく、内視鏡(胃カメラ)のみです。

close

よくあるご質問5. 採血が不安です。

よくあるご質問

採血に対して不安の強い方、過去に気分不快になった方は、当クリニックスタッフに事前にお話しください。ベッドに横になって安心してできるように心がけます。

close

よくあるご質問6. 採血部が赤くなったことがあるのですが。

よくあるご質問

アルコール綿が原因でしょうか。そのような方にはアルコール綿以外の消毒綿を使用し採血をいたします。必ず事前に当クリニックスタッフに申し出てください。

close

よくあるご質問7. レントゲンは被曝しますが大丈夫でしょうか。

よくあるご質問

X線検査ですので放射線被爆はあります。一回の撮影で受ける被曝線量は,健康に重大な影響を及ぼすものではありません。検診を受けることにより救命できる「がん」を見つけることは、被曝するよりメリットが大きいと考えます。

close

よくあるご質問8. 妊娠中ですが、レントゲン検査は受けてもいいですか。

よくあるご質問

放射線被曝の線量を考えると、胎児への影響は極めて少ないと考えられていますが、妊娠中はレントゲン検査を受けない方が良いというのが一般的な考え方です。

close

【 健診後 】

よくあるご質問1. クレジットカードやデビットカードは使用できますか。

よくあるご質問

当クリニックは取り扱っておりません。申し訳ありませんが、現金でのお支払いでお願いいたします。

close

よくあるご質問2. 結果が、「要検査」となったが、どうすればいいでしょう。

よくあるご質問

通常の外来として受診していただきます。当クリニックは、内視鏡やCTなどの機器を完備しておりますので、2次検査としてもご利用できます。もちろん他院で指摘された場合も当クリニックで精査することは可能です。
その他当クリニックで対応困難な疾患に関しましても、提携病院や患者様の希望に沿った紹介をいたします。

close

よくあるご質問3. 結果が、「要経過観察」となりました。どうすればいいでしょうか。

よくあるご質問

要経過観察に関しましても、通常外来を受診していただき、外来でのフォローをいたします。

close

よくあるご質問4. レントゲンや内視鏡などの画像はもらえますか。

よくあるご質問

CD-Rでのお渡しとなり、1000円で承っております。お受け取りは、健診を受診された本人様が直接お越しください。なお、その際にご本人確認のため、身分証明証(運転免許証。健康保険証・パスポートなど)のご提示を願います。

close

その他のご質問

よくあるご質問1. 連携病院はありますか?

よくあるご質問

さいたま赤十字病院です。院長がさいたま赤十字病院内科出身という事もあり、当クリニックは「さいたま赤十字病院 消化器内科 サテライトクリニック」として活動しております。そのほか、希望される病院などがございましたら、紹介状を作成いたしますので、お気軽にご相談ください。

close
ご案内

アクセスマップ

さいたま市中央区本町東3-3-3
埼京線与野本町駅徒歩3 分 駐車場有り
与野本町コミュニティーセンター前

診療時間

■ 9:00 ~ 12:00 13:00 ~ 16:00
胃カメラ:随時 大腸カメラ:火・木・土
※水・日・祝日・第5 土曜は休診日です
※最終受付は終了時間の30 分前です

ご案内

  • CT検査
  • 胃内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査

トップへ戻る


  • お問い合せ電話番号048-840-4082
  • ご予約専用電話番号048-711-4891
  • FAX番号048-711-4893

ネット予約について
自動応対電話予約ついて

QRコード

Copyright © 2013 しおや消化器内科クリニック All rights reserved PRODUCED BY 東京デジタルビームス