胃内視鏡検査(胃カメラ)

上部内視鏡(胃カメラ)に関しては、毎日検査をしております。
予約に関しましては、診察を受けていただいてからの予約となります。
お問い合わせ:048-840-4082

胃カメラについて

経鼻内視鏡

約5㎜と細く、さらに高画質を兼ねそろえたスコープです。以前は口からの胃カメラであったため、「オエッ」となり、不快感もありました。しかし、鼻からの胃カメラは「オエッ」となる部位(ノドの奥の舌の付け根)に触れないため、吐き気はほとんど感じずに検査を受けることが可能です。

「早期がん」の発見はもちろんですが、胸やけで有名な逆流性食道炎や胃十二指腸潰瘍などの発見にはかかせない検査です。また、ピロリ菌の除菌療法にも内視鏡検査は必須項目になります。ぜひ、ご相談ください。

NBI(Narrow Band Imaging;狭帯域光観察)

NBI内視鏡システムとは、青や緑などの短い波長の光を照射する内視鏡診断システムです。短波長の光は消化器の粘膜表層の血管を鮮やかに浮かび上がらせる性質があり、非常に早期の食道癌・胃癌などが見つかるようになり、早期治療に結びついています。当院ではこのNBIを導入し、より精度の高い内視鏡検査を心がけています。

内視鏡の先端技術 光デジタルによる画像強調観察技術

内視鏡の洗浄・消毒

内視鏡本体が「オリンパス」であるため、洗浄機も内視鏡メーカーのノウハウをいかしたオリンパス社製の洗浄機に決定しました。この洗浄機にした決定的な理由は、2013年7月に消化器内視鏡学会・日本環境感染学会・日本消化器内視鏡技師会で作成された「消化器内視鏡の感染制御に関するマルチソサエティ実践ガイド」でした。当クリニックの内視鏡本体と同じオリンパス社製で、高水準消毒薬の過酢酸(いわゆる「お酢」)での消毒で、このガイドラインでも推奨されています。このように当クリニックでは、感染の心配なく安心してカメラを受ける事が可能です。

一般社団法人 日本環境感染学会 消化器内視鏡の感染制御に関するマルチソサエティ実践ガイド

胃がんについて

平成23年人口動態統計で胃がんは肺がんに次ぐ死因第2位です。胃がんも早期に見つかれば、内視鏡的に切除することも可能です。また9割の方が完治できます。「がん」は症状がなく、症状が出現した時は「進行がん」のことが多いのです。ですので定期的な胃カメラで施行し、早期にがんを見つけることが大事なことなのです。

検査の流れ

注意事項

ご案内

アクセスマップ

さいたま市中央区本町東3-3-3
埼京線与野本町駅徒歩3 分 駐車場有り
与野本町コミュニティーセンター前

診療時間

■ 9:00 ~ 12:00 13:00 ~ 16:00
胃カメラ:随時 大腸カメラ:火・木・土
※水・日・祝日・第5 土曜は休診日です
※最終受付は終了時間の30 分前です

ご案内

ネット予約はこちらから

  • CT検査
  • 胃内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査

トップへ戻る


  • お問い合せ電話番号048-840-4082
  • ご予約専用電話番号048-711-4891
  • FAX番号048-711-4893

ネット予約について
自動応対電話予約ついて

QRコード

Copyright © 2013 しおや消化器内科クリニック All rights reserved PRODUCED BY 東京デジタルビームス